2015年11月08日

子宮がん検診。

もう10年ほど前のことになります。

現役嬢の頃、初めて子宮がん検診をうけることにしました。
何がきっかけだったのかは忘れてしまったのですが。
そこで出た最初の結果が「Class3a」。

「Class3a」は、子宮頸がんになってはいないものの、
何やら怪しげな細胞があるよというもの。
なので、しばらく様子見をしましょうと・・・・

とはいえ本来半年くらいに一度、定期的に子宮がん検診を
うけるように言われているのですが、毎回面倒だなぁと
思ってしまって。
結局あれから2年に一度くらいのペースで、しかもその都度
行く病院を変えているという面倒な患者です。

でも、その2年に一度くらいのペースで、毎回「Class3a」相当の
結果が出ています。
これは病院を変えても同じなのですよね〜。

ちなみに今は表記の仕方が変わって「Class」表記ではありません。
前回うけた2年前から、「HSIL」相当の結果が出ています。

そして、先月重い腰を上げて新たな婦人科でうけた子宮がん検診の結果が
いわゆる「Class3b」に限りなく近い「HSIL」だということでした。
中等度異形成という結果は初めてだったので、ちょっとびびって
しまったのですね。あは。

それで、結局どうしたかというと。
元々子宮頸がんを引き起こすとされているヒトパピローマウイルス(HPV)に
自分が感染していて、陽性だということは前の病院の時から知っていました。
更に、HPVはたくさんの型があって、その中のごく一部が子宮頸がんに
なるということも自分なりに勉強して知ってはいました。

ただ、以前はHPVの型を調べる検査は自費だったので、今までやりたいとは
言わなかったのですが、つい数年前に保険が適用されることになったそうで。
かつ、今回行った婦人科の先生は「もう何年も異形成が続いていることもあるし
やはりHPV型を確認して、今後の治療方針を決めましょう」ということに。。。



そして、先日出た検査結果が、【HPV 58型 陽性】。
ハイリスクとされている型でした。


あれまー


以前からここをご覧いただいている方はご存知だと思いますが、
わたくし現役嬢の頃、尖圭コンジローマになったことがあります。
なので、HPV型検査では、コンジローマを引き起こすとされる6型や11型の
陽性も出るんじゃないかと冷や冷やしたものですが、それは出ませんでした。

それはそれで良かったのか・・・?


まぁ、とにかく子宮頸がんのハイリスク型HPVを長期的に持っているという
ことなので、3ヶ月に一度、きちんと定期的にがん検診しましょうねという。
ご指示をいただきました。


そんな、今週でした。

また明日からは通常営業で、がんばりまーす


posted by さや吉 at 19:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 子宮頸がん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前の検査は ここのコメントで気づくまで
無かったことにしてたような。。(笑)

ハイリスクと言われると少し凹みますが
定期的な検査は逆に安心するためのものと
考えるようにしませう。
確か生娘でない限り HPVの感染って
大多数だったような記憶があります。

どんな型であれ 定期的な検査が
一番だと思います。

以前ニュースでワクチン接種の副作用の
検証が不十分とかで推奨されなくなったと
記憶しております。

知識も経験も無いあてくしごときが
こんなことを言うのはおこがましいですが
あえて。

さや吉さんがまた 素敵な恋心に目覚めて
免疫力が上がって 発病予防になる
なんてのが理想ではありますなぁ。

恋愛と営みの充実は女性の免疫力の
増強になるって聞いた覚えがあります。

いろいろご自愛忘れずに。
Posted by くろくま at 2015年11月10日 21:04
>くろくまさま。

恋心などという単語は遠い昔にどこかで
忘れてしまったような気がいたします。笑

まずは年明けに受診して、その後もちゃんと
通おうと思います。。
Posted by さや吉 at 2015年12月31日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック